2010年1月15日 金曜日

高尾山から見る富士山

八王子市に回りました。

思いたって、高尾山を訪ねてみました。

山麓の蕎麦屋さんは、新春ハイキングの一団と思われる方々で賑わっていました。朝の首都圏ローカルTVで、紹介されたこともあって、多くの参拝&登山客。高尾山頂にたどり着いたのは、夕方近く。山頂からは、富士山や江ノ島を眺めることが出来ます。残念ながら今日は富士山の姿を見ることは出来ませんでした。

山頂のビジターセンターの近くには、伊豆韮山の代官江川太郎左衛門(坦庵)が天保年間(1830~1843)に植えた「江川杉」があります。江川太郎左衛門英龍は江戸末期に活躍、「江川塾」では幕末史を動かした数多くの英傑たちが学びました。江川太郎左衛門は剣法「神道無念流」の使い手。「神道無念流」は高尾山に祀られる「飯縄大明神」から伝授された剣法といわれています。彼が高尾山に杉を植林したのは、そのような関係から、という説もあります。

伊豆の国市には、1600年頃に建てられたという旧江川邸があり、最近では大河ドラマ「篤姫」の撮影場所にも使用されました。旧江川邸は「芸術新潮」創刊60周年記念特大号『わたしが選ぶ日本遺産』にも挙げられていました。

Comments are closed.